春の恵みを

 

これはコシアブラ。たらの芽が山菜の王様だとしたら、女王さまというところでしょうか。

 

岡山の吉備中央で自然のリズムで農業をされていらっしゃるノリランカ農園さんのお山での一枚。カゴいっぱい。自然が与えてくれるこの季節の恵みは、おしみないですね。そして、明日には大きくなってしまうから、今日だけの美味しさなのもまたにくいところ。三つ葉も、ユキノシタも、よもぎも、タンポポも、ワラビも、ノカンゾウ、野蒜、たけのこも美しいお水と空気の中のびのびと育っていました。

 

お山で、椎茸の収穫をお手伝いした時のこと。森の中で一人でのんびり作業していました。一心不乱に木に付いている椎茸を探してもいで、ふと顔を見上げると、さっきも聞こえていたはずなのに、鳥や、木々や、草や、虫たちの囁きがやってきました。それはもう突然。木から降り注ぐ日差しも。とても幸せなひとときでした。友達とお話しながらワイワイ過ごすのももちろん楽しいけれど、一人だから感じられるものもあるなと改めて思ったんでした。

 

どうして、なんてことない、当たり前のこの話を書こうかと思ったか、といいますと。

 

帰ってきてから、友達にちらっとこんなことを思ったよと話したら、静かに深く同意してくれたのを感じたから。

別に森深くに行かなくてもいいですが、ふと一人になった時に周りのいまあることに耳をすまし、ただみてみるっていうことが、時に大切なこともあるかなと思って書いてみました。

 

 

 

- - -
鎌倉に帰ってきました

なんと美しい。そして儚く、美味しい。ノコスアレスタージュさんのモカケーキ。

 

ゴールデンウィークも始まり、鎌倉も新緑の季節です。

お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか。

 

岡山に2週間弱くらい、出張に行っていました。岡山の南、中央、北、西と5箇所へ。おととい鎌倉の駅のホームに降りたら桜の木はもう緑になっていて、存在感を消し、目にうつる山の端もブロッコリーのようにもりもりの薄い緑へと変化していました。

 

今回の旅もたくさんの方にお世話になりました。ありがとうございます。心から。後日少し遡って書いてみますね。

 

みんなの笑顔が忘れられません。

 

オカズデザインさんのアトリエギャラリー「カモシカ」での、金工作家、坂野友紀さんの個展でのイベントに伺いました。

坂野さんのカトラリーやお皿は、美しく使いやすい。日々、日常で彼女が使っているものたちです。金属の器やカトラリーの面白さを彼女にあうまで、私は全く知りませんでした。陶器も、日々使っていくと、器は育っていくといいますが、金属はまた違う変化をしていきます。予想がつきません。でも確実に、面白くそして新しく変化していきます。

 

上の写真は、名古屋にあるとても人気のケーキ屋さんノコスアレスタージュさんのケーキセットです。坂野さんのご友人で、名古屋から「カモシカ」に出張されていらしていました。初めてケーキをいただきましたが、目を見開いちゃいました。

ケーキはため息が出るほど美味しく、軽い。お皿に散りばめられたお花たちや、キラキラしたお砂糖、その小さな断片全てが美しかったです。食べ終わりたくなかった。お店では一回に何個も召し上がる方がいらっしゃるそうですが、それもよくわかります。食べ終わりたくなかったもの。

 

 

今日はとても良いお天気でしたね。

風が柔らかくて、気持ちよく、心まで伸びやかになれるような美しい一日でした。

鎌倉でお店をしているお友達たちにも、帰ってきたよの挨拶に自転車でビュッと行ってきました。頑張っている人たちに会い、自分にも気合を入れ直しました。頑張ろう!

 

それではどうぞ、素晴らしいお休みを。

 

- - -
散る桜

今日の目黒川の桜。散る桜に光が当たってそれはそれは綺麗でした。

 

言わないだけで、それぞれの人の数だけ大変さや、不安や、大胆さや、日々していることがあって、生活がありますよね。

会って。言葉にしなくても、励まされてまた明日もがんばろうと思える人がいること。

会えなくてもきっとお互い思っているであろう友達の顔。

 

人と比べるのではなく、お互いに存在が励まし合えたらいいですね。

 

散る桜をみながら、いろんな人たちの顔が思い浮かびました。

そして、久しぶりに髪を切って、リセットされた感じ。戻ってきてくれてよかった!私にとって最高の美容師さん。

 

 

 

- - -
ひびきあう

 

これはロンディーノのプリン。昔ながらの固め。香ばしいカラメル。

 

先日はお友達夫婦&もう赤ちゃんというには大きくなってきた子のところに遊びに行き、子どもの光りっぷりにすっかり癒されて帰ってきました。いろんなことに興味のある夫婦だったけれど、今の注目ポイントをインタビューしてみたら、今もっぱらは子どものこと。そりゃそうだ。楽しい生活を工夫をしながら過ごしている姿に嬉しくなります。

 

同世代、いろんなところで楽しんでいたり、頑張っている友達がいてあらためてその存在がありがたいことだと思っています。

近くても、遠くても。たまに会えたら嬉しいけれど、会えなくても思っているから。

 

さあ今日もまた新たな一日。

桜を楽しみながらはりきってまいりましょう。

 

 

 

 

 

- - -
本とラジオ

 

今日は花曇り。八幡宮のお池のほとりの桜も満開でした。

 

桜の季節はいつも、父のことを思い出します。今日は命日でした。

今日は好きなことを思い切りしようと、旦那さんと本屋さんへ行き、好きな本を買い、喫茶店でコーヒーを飲みながら二人で読書というなんとも普通のお休みを満喫しました。

 

探していた単行本もみつかりほくほく。他に友達から教えてもらった漫画も買い込みました。

「響」と、「波を聞いてくれ」。

響は漫画大賞2017をとったのでご存知の方も多いかもしれません。

波を聞いてくれは、札幌が舞台のラジオ局の話。どちらもなかなか個性的なキャラクターの主人公です。

 

あと、秀島史香さんの番組がFM横浜ではじまったのも日曜の楽しみです。最近はラジコがタイムフリー機能がつき、聞き逃してしまったラジオを後から聞けるのが本当に便利ですね。

一昨年、j-waveで「波を聞いてくれ」のラジオドラマが放送されたらしく、秀島さんが主人公ミナレの声を担当されたそうです。知ったのが遅かった。そのラジオドラマ聞いてみたかったなあ。

 

- - -
桜さくら

 

おはようございます。

 

桜の好きな友達がいて、あのお店のあの窓の前だと桜がみられるね。とお花見の約束をしていました。

まだ少しはやかったけれど、朝8時オープンに待ち合わせ、ゆっくりお話しながら桜をながめました。

 

忙しく、自分の時間はあまりないけれど、だからこそお休みの日をとても大切にしている友達。

自分の大切にしている季節の行事を、目の前を、楽しむ。お花見もそのひとつ。

そういうことが、また新たなエネルギーを生んでいるんだろうなと思います。

 

日本中が薄いピンクにおおわれるこの季節をとても愛おしく思います。

それでは今日もよい一日を。

 

 - -
vin de MICHINOKU

 

昨日は旦那さんが飲み会とのことで、私もふらりと一人飲みにいってみようかと思いました。

一人で飲みに行くなんてはじめてです。

ずっといってみたいと思っていた粗餐へ。

 

あまり飲めないので、ソムリエで店主の石井さんにおまかせでお願いして出してくださったワインがこちら。

 

vin de MICHINOKU

 

毎年3月11日の19時に解禁になる自然派のワイン。

東北6県すべてのブドウが入っているそうです。

山形のタケダワイナリーのもとに集められた、いろんな種類のブドウ。

醸造のことを考えると気がとおくなります。フレッシュで、果物みたいな甘さ爽やかさ、酸味。

 

静かに一人で飲むのに、とてもいい。だから選んでくださったのかな。

携帯電話はこの写真をとってすぐに鞄に仕舞い、静かに飲みながら想いを馳せました。

おつまみもとても美味しかったです。

お店では素敵な出会いもあり、お店をでたら友達にあってロンディーノでコーヒーを飲んだりと、

短い時間でも満ち足りたおぼろ月夜でした。帰りは桜を眺めながら帰りました。

 

 

 

日々 - -
会うと心が洗われるひとたち

 

こんにちは。今日はあたたかいですね。近くの桜もだいぶ開いてきました。満開はもう少し先ですが都内はきっと美しく、白やピンクで彩られていることでしょう。

 

以前、近所に「大膳」という中華料理の気軽なお店があって、ご兄弟と奥さんと3人で営業されていました。いつも優しい味でお腹いっぱいになり、大好きだったお店です。弟さんがご病気になり、配達ができなくなるから、迷惑をかけるからとお店を閉じられてしまって、みな残念におもっていました。

 

弟さんがだいぶ体調がよくなり、最近カレーのお店をはじめられました。清泉小の通りです。11時からです。

ごろごろ野菜がたっぷりはいっているのに、チキンカレー600円。。サラダもついてきます。最期にレモンティーまでだしてくださる。安過ぎる。そして、懐かしい味です。やっぱり大膳さんだなあとあらためて。

そして腰の低いご兄弟と、シャイな奥様の関係性は相変わらずで、お会いできて本当にしあわせで、ありがとうって拝まれちゃったけど私のほうが拝みたいくらい神々しい方たちなのでした。お家なので、まさにお家に遊びにいったような感じなのですが、営業中のときはそのまま入って良いそうです。チャイムを押すかまよいましたが、どっちでもいいそうですよ。

 

材木座の隠れ家喫茶店のおばあちゃまといい、大先輩たちから学ぶべきことが本当にたくさんあります。笑顔!

私もがんばろうっと。

 

 

 

- - -
春にしたいこと

 

ここ数年お世話になっているものがあります。自宅でのクリーニング。この季節、セーターやら厚手の冬服、大切な衣類を洗うときに使っている洗剤です。なんでもゴールデンウィーク前くらいに冬物洗いはすませたほうがいいみたいですよ(虫問題)。お近くのクリーニングに出してももちろんです。旦那さんのスーツはだします。

 

この洗剤、お花教室のお友達から教えてもらって、サンプルをいただいたのがもう9年くらい前でしょうか。

その方のお母様がずっとお家で使っていらして、「これで洗うととふわふわで大好きなんです」とサンプルをくださったんですね。それ以来ずっと使っています。洗剤が3種類。いわゆる洗剤、ドライの素、エマルジョン。

 

手間がかかり、めんどくさいと思われる方もいらっしゃる方もいるかもしれないし、コストがと思う方もいるかもしれませんが、これで洗うと本当にさっぱりするしふわふわになるんです。長い目で見ると経済的です。ホームページもできたみたい()なのですが、全部は書いていないし、気になる方はお電話で問い合わせてみてください。サンプルをくださると思いますよ。使い方も教えてくださいます。

 

 

サンワード北陸 0120 153 810です。

 

 

 

 

 

 

- - -
鎌倉の春イベント

 

toricotの赤城美知子さんのお菓子。これはキャロットケーキです。

 

イシカワアユミさんのピアノレッスンのお菓子。
鎌倉駅から徒歩20分くらい、小高い森にかこまれたお家でのレッスンです。
詳しくはイシカワさんのHP()のnewsのところにかいてあります。

 

はじめての方も、一曲マスターしたい方も、むかーしやっていてまた弾きたいって方も、

いろいろご相談できるそうです。

toricotのお菓子もついて、なんとも幸せ。

等々力の巣巣さんでもレッスンされていますよ。

 

そして、toricotの赤城美知子さんと、イシカワアユミさん、あともう一方で

鎌倉の二階堂にアトリエをオープンされるそうです。

第一弾のイベントがこちら!(

 

もうひとつ、帽子作家&カメラマンの黒田真琴さんのアトリエが鎌倉に帰ってきます。

場所はfabric campのあった場所。こちらも思い出深い〜!

4月5日のオープンだそうです。

 

春は楽しみなイベントが沢山ですね。

 

 

 

- - -
| 1/172 | >>