数学のこと

 

大人になってからギターを始めたり、ピアノの楽譜を眺めてみると発見がたくさんあります。

数と音楽は密接に関わっていて、非常に面白そうだということ。まだ入り口をちょっと垣間みているだけだけど、これからちょっとずつ勉強してみたいことの一つです。

 

2017年9月号の月刊たくさんのふしぎは、「アリになった数学者」というまるまる一冊の絵本になっています。「1とは何か」がそのテーマ。小学校3年生、4年生を対象に作られている雑誌ですから、小学生のお子さんから、大人までたくさんの方が楽しめるとても楽しい本です。

著者は、在野で数学の世界を探求され、全国各地で「数学の演奏会」を開催されている森田真生さんです。

数学を、音楽のようにたくさんの人の心に届くように「演奏」したいと願っていらっしゃるそうですよ。

 

何度か、森田さんのお話会に伺ったことがあります。数学の本についてや、数学自体についての会。

はっきり言って、私は数学の難しいことはよくわかりませんが、数学は日常の中に実はたくさんあって、身近なものなんですよね。

 

お話会は、森田さんの数学へのもれ出ちゃうような愛情と、情熱がほとばしり、聞いていてワクワクします。誰かに火をつけることができる人っていうのがいるとしたら、森田さんもそういう人なんじゃないかと思います。

 

鎌倉で9月23日に森田真生さんの数学のお話会があるそうです。私も楽しみに伺おうと思っています。

もしご興味のある方はお問い合わせしてみてください。→

 

お子さんでも大丈夫なのではないかと思います。土曜日ですし、ご家族で聞いてみるのも楽しいのではないでしょうか。

私、小学生の時に森田さんのお話聞いてみたかったなと思います。

 

いつかちゃんと弾いてみたい平均律クラヴィーア。

 

 

日々 - -
久しぶりの太陽

 

いくつかタネを植えたけれど、一本だけひょろりとでもしっかり根を張り育ったひまわり。

久しぶりの晴れ間、いつもよりも少し空を向いていました。

 

頭をいっぱい使ったあと、ピアノに合わせてソルフェージュ。音程に合わせて初見で歌うのは、頭も体も使ってとても良い運動になります。別に周りを気にしなくてもいい環境ならば、外で歌うのもいいですね。

 

美しい星の下でこんな歌を歌ってみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々 - -
今日もまた雨の一日

 

近所の八百屋さんは比較的プラムをたくさん仕入れてくれていると思う。プラム好きな私には本当にありがたいお店です。

この「太陽」という種類が出ると今年も終わりだそうです。

今年もいっぱい食べたなあ。スイカも好きだし、桃も好きだけど、やっぱりプラムが好きです。

 

関東では雨が続いて、どうしたって鬱々しやすい毎日が続いていますが、お元気でいらっしゃいますか。

 

少しずつチューニングしつつ、整えていきたいですね。

 

 

 

 

日々 - -
宇宙からの視点で

 

お盆最後、送り火、そして終戦記念日でしたね。

いろんな命のことを思います。

 

 

宇宙からみたら本当にちいさな星。そしてそこにいる人たちが日常を暮らしています。

そうだ、21日の皆既日食はNASA TVで日本からも観られるそうですね。

 

もしかしたらピアノって宇宙の音を一番表現できるんじゃないかなって思ったライブ。

 

 

 

- - -
センチメンタルに

 

お盆ですね。おととい、迎え火を焚いているお家の前を通って、昔おばあちゃんのお家でかんば(白樺の皮です)を焚いて迎え火をしたなあ。

 

少し前になりますが、リニューアルされた恵比寿の写真美術館に荒木経惟さんの展示に行きました。

奥さんの陽子さんや愛猫チロちゃんとの日々に関わる写真たち。本で何度も見ている写真たちですが、オリジナルプリントの迫力と、切なさ。写真を見るのは好きなのですが、どんな写真でもとても切ない気持ちになります。

北海道にいた時「センチメンタルな旅」をみて、東京で勤める時に荒木さんに会えたらいいななんて思っていた20代はじめでした。世田谷の淡島通りでタクシー乗ったアラーキーさんを見かけて、案外早く会えたと喜んだものです。

 

展示は9月24日までのようですよ。

 

 

夏なのにちょっと涼しい今日みたいな日はこんな曲を。

柴田さんとユザーンさんと一緒のライブの時に、この曲を寺尾さん弾き語りで歌っていたのを思い出します。

この間、友達がこの歌を聴くと泣いちゃうんだって言っていました。

 

日々 - -
光たち

 

鎌倉由比ガ浜の海の家、パパイヤからの景色。あまり食べないけれど、たまのかき氷も。

昔ながらの海の家で素敵です。コーヒーはカップアンドソーサーで出てくるし、アイスコーヒーも大きなグラスで出してくれるそうですよ。

 

夏を楽しんでいらっしゃいますか。

お盆はいろんな思いが巡りますね。

 

栄養と生活と心のバランス。そんな話をお友達としました。過去にとらわれずに、日常をみっちりと。

まだまだ絶賛夏野菜中ですが、そろそろ根菜も取りたくなってきましたかね。ゆっくり秋の準備をしていきます。

 

曲も少し。キリンジには「夏の光」という名曲があるのですが、今日は新潟のアイドル、Negiccoさんたちの新曲を。

KIRINJIの堀込高樹さん作詞作曲の曲です。

とってもしみます。ファンとの歌ですね。

 

 

 

光って歌を思い返してみると、思い出した歌。

UAがフューチャリングされた、モンドグロッソの曲。懐かしいです。


harukanakamuraさんの新しいアルバムのタイトルは「光」。きっとたくさん聴いていくことでしょう。

 

他にもたくさん光にまつわる曲はあるのですが、今日はこのくらいに。

よい一日を!

音楽 - -
夏を満喫

 

フジロックから帰ってきて1週間以上が過ぎました。日常のお仕事や鎌倉の夏を満喫しています。

仕事に没頭している時は集中しているし、のんびりしている時はあの苗場の風景を色々思い出したり、暑い毎日と美しい日々にあっという間の夏を楽しく過ごしています。

 

 

日々 - -
フジロック2017(11)三日目夜(完結)

 

LORDE待ちの人々。

少し雨が止んだでしょうか。圧倒的表現力と果てしないマンパワー。前回は数年前に初登場でレッドマーキーでした。今回はビョークのトリ前。それも納得なくらい、演奏にどんどんのみこまれていきました。凄すぎるハタチのカリスマ。いろんなアーチストがベストアクトだったって言っていました、

 

 

 

先ほどの写真とほぼ同じ位置です。人がどれだけいるかわかるでしょうか。ビョーク前。

 

そして、ビョークはもう宇宙一なのでした。

ビョークが生で目の前で歌っている。同時代に存在してくれているだけでもありがたいのに。

ピクリとも動かずに、みんなが見ていたのが印象的でした。それくらい圧倒的でした。

 

ビョークの歌を聞いたからなのか、その後に水曜日のカンパネラのコムアイちゃんの美しさを間近で浴びたからなのか、なぜか三日目にして一番元気になってしまって、最後苗場食堂のヤシノキフラミンゴ(ことネバーヤングビーチ)を最後までみて、私の踊って幸せなフジロックは終了しました。最後、なんであんなに元気になったのかはよくわかりません。今年は雨の三日間で、一番歩いたし疲れも出てもおかしくないはずだったのに、なんだか不思議な夜でした。ちなみに帰ってからも全く疲れが出ずに今年のフジロックは過ごせました。完璧。

 

 

以上極私的フジロックレポート終わります。長々と皆さんお付き合いくださってありがとうございました!

もはや狂気の沙汰、でも他の方法では得られないものがあること知っていてくださる方たちよ。

たくさんの方が見てくださり、とても励みになりました。いつもありがとうございます。

 

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

 

フジロック2017 - -
フジロック2017(10)三日目夕方

ホワイトステージのレキシ、たくさんの人でした。こちらも入場規制がかかっていた様子です。

(ちなみにホワイトステージは向かって左側の前の方が空いていてオススメです。)

 

5年前、スマッシュの運営に出演を懇願するも「コミカルすぎる」という理由で断られたそうで(イケチャン曰く)、それから5年。演奏の確かさも、面白さも楽しさも、コミカルを制限しちゃうなんて勿体無いということなんでしょうか。ものすごい盛り上がりでした。何より何度かウルウルしていたなあ。イケチャン、嬉しかっただろうなあ。諦めなくてよかったね。みんなで踊って歌って楽しい60分でした。

 

 

今回も結局毎日お世話になったコーヒー屋さんに、レキシ終わりに寄り、のんびり。

ホワイトのbonobo。

かっこよかったなあ。。音も良かったなあ。縦ノリロックも好きだけど、ダンスミュージックも好きです。

数年前のスクリレックスや、ディスクロージャーもかっこよかったけど、bonoboやっぱり素敵でした。

 

 

もしかしたら共演があるかも?と思っていたbonoboとrhyeでしたが、今回はありませんでした。日にちがかぶりませんでしたね。

 

そしてグリーンステージに戻ってLORDEを待ちます。

この時はまだ気持ちがのんびりしていました。その後にあそこまで釘付けされるなんて思っていませんでした。

 

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

 

フジロック2017 - -
フジロック2017(9)三日目朝から昼間

 

フジロックレポートも三日目になりました。みなさま、まだ続けていて大丈夫でしょうか。

 

今年は、雨のフジロックでした。役に立った3種の神器。野鳥の会の長靴と、ポンチョ。あとは Helinox(ヘリノックス)の小さくたためる椅子でした。この写真だけでも前に3人同じ椅子の人がいますが、大きさの違いはあれ、かなり持っている人が多かったです。何より軽いこと、たたみやすくなっていること、長時間座っても疲れないことがポイントでした。多少の雨なら、椅子に座ってお腹の前にリュックをおき、ポンチョを椅子ごと包んでじっとして眠れるくらいです(そんなことは普段の生活ではないけれど)もし寒い時は、ゴアテックスのズボンを履けば十分だと思います。もし、今後行かれる方(いるかな?)がいらしたら、オススメです。ポンチョがもうちょっと進化してくるといいなと思います。

 

最終日。フジロックの朝はまた奥のフィールドオブヘブンのロータスカフェまで歩き、コーヒーを飲んで一日の予定を決めます。ゆっくり歩くと、入り口から1時間くらいでしょうか。

その後ゆっくり戻り、入り口近くのレッドマーキーへ。お友達はゴッチを見に行きました。私はDYGL(デイグロー)のステージへ。

 

 

前に見たライブは、とてもクールな印象だったけれど、この時のステージは情熱的で、楽しそうで、未来を感じるようでした。世を憂うのがロックらしいのかもしれないけれど、それだけじゃないものもきっとあると思うから。

 

そのままレッドマーキーでマギーロジャーズを聞き、ホワイトのレキシへ。池ちゃん頑張って!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

フジロック2017 - -
| 1/180 | >>