雨とソールライター

 

昨日は嵐のような1日でした。風と雨が強くて、傘も壊れてしまうくらい。日暮れ少し前に雨が止んで、空が紫色のグラデーションになるのを渋谷の商業施設の8階の大きな窓からぼんやり眺めていました。

 

渋谷のbunnkamuraで、写真家ソールライターの個展にいってきました。今週末までですね。

モノクロももちろん素敵なものがありますが、カラーの写真にとても惹かれました。その色に。構図に。雨の日に見るのにとても適した展示だった気がします。雨がとても似合う。傘や、雨や、雪の写真が多いからかもしれません。

 

「写真は、しばしば重要な出来事を取り上げるものだと思われているが、実際には、終わることのない世界の中にある小さな断片と思い出を創り出すものだ」とは、ソール・ライターの言葉ですが、そういう取るに足らない、いつかどこかで目にする光景がたくさん切り取られていました。

 

売れっ子になっても、ソール・ライターの生活が変わることはなかったそうです。

毎朝起床すると絵を描き、カメラを持ってストランド書店まで散歩へ行く。散歩の途中でコーヒーを飲み、帰宅したら愛猫レモンの世話をする。静かな生活。

 

会場内は、たくさんのいろんな年の方がいらしたけれど、どの展示にも増してとても静かでした。

そんな静けさが、写真からやってくるような空間でした。

 

日々 - -
雨、空はあかるい

こんにちは。

 

今日は強い雨降りですが、空は明るいですね。

 

これはいつかのディモンシュで飲んだグアテマラ。柔らかくて深い、美味しいコーヒーでした。

 

ディモンシュで素敵なDJイベントがあるそうですよ。7月17日。17時から。今人気のミツメの人たちが来るから。若者がいっぱいでしょうね。でもこっそりみにいっちゃおうかな(そもそも入れるのかな)と目論んでおります。

 

Record Snore Day #3
Summer Special in Kamakura

2017/7/17(月・祝) 17:00~20:30

at cafe vivement dimanche

¥2,000 (with 1drink)

Guest Live: 川辺素(ミツメ

DJ: The KONT

大竹雅生(ミツメmöscow çlub

nakayaan(ミツメ

鳥居真道(トリプルファイヤー

小柳帝(モンド・ミュージック)

 

 

今日は一年に数度しかない、旦那さん平日会社お休みなので、午後はお出かけしてきます。楽しみにしている展示も見れたらいいなと思っています。

 

 

 

- - -
ヘッドマッサージ

 

今日はいいお天気でした。写真は鎌倉の市場で買ったもの。バジルはソースにしました。にんにくがフレッシュでいい香り。新ジャガモ今の旬の味ですね。

 

毎日毎日、私はいろんな場面で頭の中では身体のことばっかり考えていて、テレビを見ていても、雑誌を見ていても、人が歩いていてもそればっかりなので、ブログにはあえてあまり書かないでいました。

 

唯一、音楽を聴いている時は考えないような気もします。私の中では音楽を聴いているというのはかなり特殊な状況なのかもしれません。

 

自分がピアノやギターを弾いている時は、使い方や感覚について考えているし、ライブなんて見に行った日にはいろんな人の身体の使い方を、じーっと見ます。自覚はしているんですが、きっと変わっていますよね。そう、言わないだけです。みんなの頭の中はどうでしょうか。

 

火曜日は身体のことについて少し書いてみようかと思っています。毎週かどうかはわかりません。火曜日は、たまたま今日が火曜だったということで、ただ単なる思い付きです。「日々のからだのケア」というカテゴリーを作ってみました。さて、どうなるでしょう。

 

 

明日は夏至。今日も随分日が長い。夕方を楽しむ季節になりましたね。

 

梅雨の真っ只中ということもあり、暑くなりつつあるけれど、朝晩は寒い。風邪もひきやすいし、ぎっくり腰にもなりやすい。どうぞいつもよりも少しだけ注意深く内側に聞きながらいろんなことをすすめてくださいね。

 

頭がカチカチの人が多いので、この時期ヘッドマッサージをお勧めします。もちろん自分でできます。両手を首の後ろから頭の方に滑らせると耳の後ろあたりで一度盛り上がっていますよね。それに沿って、頭皮を上下方向にずらします。固いところがあれば手の位置を変えて見てもいいと思います。そのあとは耳の上。あとはひたい。三箇所でいいのでよかったらやってみてください。もしミント(ハッカ)のアロマ精油があれば指先にちょっとつけてあげるとひんやりします。お風呂の中で行うと、頭の頭皮からしっかり汗が出てきます。

頭が固くなると、脳が膨張してくるという話もありますし、顔が大きくなったりするそうです。何より頭皮が緩むと全身が緩みますから。よかったらぜひやって見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

日々のからだのケア - -
考え、行動し、続ける

 

ドリアンさんのパンが届きました。(この間ドリアンさんについて書いた記事はこちら。→

大きい〜!

これはカンパーニュ。飽きがこないから、ご飯みたいに食べます。

 

昨日は未来食堂の小林せかいさんと、ライフネット生命の出口治明さんのお話を聞いてきました。

小林さんのこと、実は知らなかったのですが、旦那さんは何かの記事だったかテレビでみたことがあったそうで、せっかくなので一緒に聞きに行きました。私は出口さんのお話を一度聞いてみたかったのです。

今はそのことについて色々考えを巡らせているところ。またここで書く機会があるといいなと思います。

 

青山ブックセンターの前でマルシェが開かれていて、そこで出店していたコーヒー屋さんとの不思議な出会いもあって、一期一会を改めて思う今日この頃です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

夜に先日横浜の元町で買った大木ハムのベーコンを食べてみたら、ものすごく美味しい。またかおう!とてもジューシーです。

コンビーフも買いに行かなきゃ。他のも試してみたいです。近くにcafe LENTOもあるから、はしごの楽しみもあります。

 

 

 

 

 

 

- - -
雨に聴きたい音楽

おはようございます。

今日の午後は雨になるそうですね。梅雨とはいえ、雨の少ない今年の6月。

雨の時に聴きたい曲を選んでいたら、なんだか止まらなくなり、勝手に選曲しました。皆さんの雨降りに聴きたい曲はどんな曲がありますか。教えて欲しいです。

 

キリンジはたくさんの雨の曲があります。「雨を見くびるな」「雨は毛布のように」「朝焼けは雨の兆し」など、雨のついた曲は多いですが、歌詞の中に出てくる雨を匂わせる曲もたくさんあります。そんな中から今日はこの一曲。多分別の日に選べば別の曲がやってくるに違いないけれど。

 

キリンジ/愛のcoda

 

若い人たちのも。

映像もカッコいい

 

D.A.N/SSWB

 

こちらもカッコいい。

ペトロールズ/雨

 

 

これはキリンジのお兄さん、堀込高樹さんの作った曲。

birdさんの名曲です。雨降りの日に思い出す。

 

bird /髪をほどいて

 

梅雨の曲じゃないけれど。

 

 

クラムボン/re Folklore

 

雨の後には

 

電気グルーウ ゙/虹

 

 

Carpenters の Rainy Days And Mondaysなんかもいいなあ。

 

雨は匂いや、音や、肌にあたる質感や、温度や、思い出も含めていろんなことを連想させてくれます。

 

今日は午後に前から一度聞いてみたかった方の対談を聞きに行ってきます。楽しみです!

良いお休みの午後を。

 

 

- - -
ついつい調味料を買ってしまう

 

今日は午後から久しぶりに横浜の中華街へ行きました。

写真はマーラーカオ。

肉まんや、飲茶、点心、中華菓子の「紅棉 (コウメン)」というテイクアウトのお店です。

ここのエッグタルトが美味しくて、いつもいくと店先の横のベンチでペロッと食べてしまうため写真はなし。

 

横浜中華街にある関帝廟が好きで、たまに行きたくなります。

台湾の関帝廟も好きだけど、横浜の中華街の廟も、とてもエネルギッシュです。

 

源豊行で豆板醤を買ったり、元町の大木ハムに買いに行ったら、コンビーフはもう売り切れでベーコンを買ったり。

 

中華街は楽しい。

- - -
すぐには会えなくても

 

友達にもらったハーブティーを飲みながら書いています。とっても美味しい。レモングラスがすっと喉を通ります。

イメージで作ってくれたもので「星の少年」というブレンドだそうです。嬉しいな。

 

こんにちは。今日も鎌倉は晴れていて、気持ちがいいです。

 

昨日の朝、遠くに住むお友達と、メッセージの交換。

また会える時を心待ちにして、元気で生きよう。と、彼女らしい言葉でした。

 

それぞれの場所で頑張ろう。

 

 

昨日は、米粉のお好み焼きを作ってみたのですが、軽やかでとても美味しかった!初めて米粉を買いました。

小麦粉で作るより、もしかしたら好きかもしれない。じゃがいもや、長芋を擦って入れるのがいいみたい。

それを鰹節をたっぷりかけて、だし醤油で食べました。

米粉だからか、ソースとマヨより、だし醤油のが私にはあうみたい。

 

 

 

 

 

- - -
夏のせい

しっとりの朝。6月も半ばですが朝晩はまだまだ涼しいですね。昼間はだいぶ気温が上がるんでしょうか。

そんな気配。おはようございます。

 

サマージャム95はスチャダラパーの名曲ですね。

なかなか素敵なカバーを聴いたので貼り付けたりしてね。真夏に聞くより、すこーし早い今くらいに夏のことを思いながら聞くのもまたいいのかもしれないな、なんて。後ろでタブラの演奏をしているユザーンの参加するイベントに来月行くのでそれが今から楽しみです。

 

 

タブラ奏者の彼があるインタビューで彼の師匠に言われたことを話していた記事を読んだのですが、

http://www.cinra.net/report/201706-uzhaandayanita?page=3

 

あまり今まで聞いてこなかったけれど、彼のタブラの音はとても澄んで、知っているこの曲がまた全然違う別のものがたりを作っているようで楽器って面白いなと思いました。

 

上記のインタビューの記事の抜粋、最後の方にあった言葉。

〜〜〜

 

ザキール先生から教わった言葉で僕が強く覚えているのは「自分にとって、最もよい先生は自分自身でなければならない」ということ。彼から直接タブラを教えてもらえるのは1年のうち数日なんです。それ以外の日は自らが教師になる必要がある、と。演奏の弱点を見つけることも、その改善方法を模索することも、全部自分でやらないといけない。 

そして先生は「自分になろうとするな」とも言っていました。ザキール・フセインになれるのはザキール・フセインだけ。彼も、高名なタブラ奏者だったお父さんのようになりたかったけれど、決してなれなかった。だからこそ、自分は自分であるしかない。誰もが常にオリジナルでいるようにしないとダメだ、ということを何度も教えられました。

 

〜〜〜

 

日々 - -
目に見えないものと同じくらい、目に見えるものが好きだ

 

騎士団長殺しのカバーとったところです。タイトルは下巻の最初の章。

 

 

こんにちは。

 

梅雨の晴れ間のなんだか気持ちのよい一日でした。鎌倉はそろそろ紫陽花の季節です。

数回読んでからなんて言っておきながら我慢できずに下巻も買って、今一回目を読み終わったところ。

 

物語の中へ行ってきました。そして戻ってきました。

また、今度はゆっくり読もうと思います。先が気になっていたから、きっと読み飛ばしているところもありそう。

 

そして、再会の季節なのか、お久しぶりにお目にかかったり、どうしていらっしゃるかなの方から突如ご連絡があったりして。嬉しく幸せなことです。

 

タイミングっていうのはあります。

でもだからこそ、いつでもその時にできることを。

時には静かに。時には潜って。

 

 

 

 

 

 

 

 

- - -
心の隅にあった街

 

こんにちは。

今日もいい天気の鎌倉です。気持ち良い風が吹いています。

 

6月9日は結婚記念日で、少し早く帰ってきた旦那さんと、なんてことないいつもの夜ご飯の後、ケーキを食べました。

昼間に代官山に行く用事があったので、イルプルーのケーキにしました。美味しかったな。

これからもよろしくお願いします。15年目です。

 

先日、参宮橋に行く機会があって駅の周りを少し歩きました。最初に出たところのコンビニの周りの石垣はそのままで覚えていましたが後が全然覚えていなくて。軽くめまいを感じたほど。

よく考えてみたら、20年近く前です。そして私が勤めていたと思っていた期間というのは本当にちょっとで、もう前しか見ていなかったんだなと改めて思いました。心の中では大きな位置を占めているように思っていたんですけれどね。駅の逆側に行ったこともなかったし、途中の道を外れると他の街に行けることも、初めて知りました。

 

街には素敵なお店がいくつかできていて、美味しいコーヒーを飲みました。

ムーンファクトリーコーヒーさんや、LIFEさん。

 

ここ数日、更新がなかったのは、いよいよ村上春樹さんの「騎士団長殺し」を読む準備をして、読み始めたからです。上巻を1日で読んでしまった。もう数回読んだら下巻に向かおうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

- - -
| 1/176 | >>