神在祭へ

 

古くからの祭祀を受け継いでいる佐太神社は出雲の国の二宮。松江にあります。

神在祭の神送りの神事のこと、少し長くなります。自分の備忘録の為に書いておきますがご興味があればよかったら。

 

11月25日に行われる神送りの神事のことをお世話になっている先輩から最初に聞いた時、ずいぶん自分とは遠い場所の遠い話だと思っていました。へえそんなお祭りがあるのですね、というくらいに。

 

夜の8時から行われること。

神社の境内で行われた後、皆で列になり小さなお山の上でもう一度神事をするということ。

言葉を発してはいけないこと。あかりは提灯だけ。

神主さんたちの祝詞も、無言。

 

ということだけ、ぼんやりと認識はしていました。

 

それが、なぜかいくことに。なぜー。

山陰には、お友達たちが住んでいて、彼らがこの神事に参加する必要はなくても、このことが行われているっていうことだけでも知っておくといいっていうことだけなのかもしれないなと、行った後に思いました。だからこの記録はそのためのものでもあるかもしれません。この季節にそういう歴史がずーっとあるらしいということを。

 

その神事は、想像していたものよりきっとずっと古くからあり、いろんな歴史を経過して今あるようです。

もしご興味がある方は、佐太神社のホームページに神在祭について少し書いてありました。世の中には知らないことがたくさんありますね。ご興味のある方はこちらをどうぞ。→

 

物忌みと言われても、あまりピンとこなかったのですが、昔は、この地域の神事の期間は、煮炊き、創作、歌も、喧嘩も、何かを作ったり、髪を切ったり、爪を切ったりもしなかったそうです。厳粛な禊という感じなのでしょうか。

もちろん今はそこまではしないようですが、それでも神事の間の厳粛な雰囲気は、神事というより終始お葬式に近いようにも感じました。きっとそれはとても近いものなのかもしれません。

 

ここからは私の経験した目線でのおはなし。この神事は全く言葉での指示がありません。

 

基本的には、この地域の方々の神事を外から見させていただくというスタンスであるということ。

でも誰でも参加はできるようでした。じっとして寒いので、どうか暖かくしていかれてください。

 

8時になると境内が真っ暗になるので、その前に境内で、御供幣と神盃をお分けいただきます。500円だったと思います。

行灯も境内で買えるようでした。無言の神事が1時間弱くらい、一段低い境内でそれを静かに見守ります。

 

その後、一度右手の建物の中に、神主さんたちが入りしばらく中でも神事があるようでした。

 

襖が開き、地元の方達が呼ばれ、おーと低い声で答えると共に、大きな提灯を受け取り提灯行列が始まります。近所の山まで歩いていくのです。その後をわたしたちも後ろからついていきます。


先日も夜に少し雪が舞っていましたが、この日はお天気でした。民家を抜け、暗い夜道を行列は静かに山道をのぼっていきます。

山の中の道は少し滑りやすいけれど、提灯を持っていらっしゃる方の近くを歩くといいかもしれません。

 

提灯行列は昔のお葬式のようでした。本当にそんな感じ。厳粛な。

 

歩いて少し暖かくなったからなのか、足元の腐葉土が暖かいのか、山の中の道は真っ暗なのになぜか安心して、あたたかな気持ちで歩いていました。いつのまにか、亡くなった人たちの顔を思い浮かべたりもしていました。

父や、義理の父、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、私はあったことがないけれどずっと昔のご縁のある先祖の方達。他にも色々。なんだかありがたいなあという気持ちで歩いていました。私たちは「生かされている」存在ですね。きっと。
 

山の上の、ぽっかりあいた広場に到着して、儀場の神官さんたちの周りをぐるりと囲みます。

いただいた御幣は、神おくりの儀式のときに、山上につくった祭場の周りにお供えするようです。地面にさします。

(ふと思いついた場面は闇の守り人の槍舞の儀式がはじまる前のようでした。)

 

神様を空へ送る儀式の後、最後お神酒をいただいて、帰り道につきます。

 

下りは、提灯の火もすっかり消えている方も多くて、もしかしたら小さなペンライトがあるといいのかもしれません。

神社に帰ってくると夜中10時半くらいだったように思います。

 

言葉にすることこんな感じです。でもこれだけではないような気がします。

真っ暗な山道を登るということもそんなにしたことがないし、ましてや夜の神事ということも、知らない地域ということも。

闇が深く、いろんなものが蠢いて。

数日経ってやっと少し落ち着いてきたようです。体の中も動いていたように思います。再生した感じです。

また来年も頑張ろう。まだ一ヶ月あるけど。

 

 

 - -

 

自然発生する渦。

流体中で、質的に異なった二つのものが接触するとき、渦が形成されるという。

 

鳴門の渦潮は、大量の海水が瀬戸内海に流れ込み、また同様に1日に2回瀬戸内海から流れ出します。海峡の幅が狭いことと、海底の複雑な地形が関係して、ものすごいスピードで海峡の間に流れができ、

この早い潮流と、海峡両岸に近い穏やかな流れの境目において、渦が発生するのだそうです。

 

楽しみにしてはいたものの、あんなに感動するとは思いませんでした。

ただただ、大きな流れがやってきては渦ができすぐ消えていくのを見ているだけなのに、グワングワンと心が揺さぶられました。

橋の上から見ることもできるし、船で見ることもできます。行って見て、実際に目の前にしてみて本当に良かった。これだけでいい旅だと言えるくらいです。

 

淡路は、伊射奈岐神社に行ったり、野島断層を見に行ったり、玉ねぎバーガーを食べたりして楽しみました。

 

 

帰る日の朝焼け。

 

 

シャムキャッツのこの曲が旅にぴったり。

 

 

 

 

 - -
徳島へ

 

二泊三日の短い夏休みでしたが、徳島淡路への旅でした。

お天気も良好です。

 

久しぶりの空港。少し早くついて空港で朝ごはんを食べたり、のんびりぶらぶら飛行機を眺めて過ごすのは好きな時間です。

 

徳島について、徳島ラーメンを食べ、駅の近くにある14gへ(ワンフォージー。アアルトコーヒーさんのカフェなんですね)。

 

 

14gブレンド美味しかったです。深みがあるのに、さっぱり。

帰り際店員さんが、ご旅行ですかと声をかけてくださったので、徳島のおすすめ聞いたら、即答で「大菩薩峠に行ってみてください」とのことでした。名跡か何かだと思ったのもつかの間、喫茶店とのこと。

 

 

 

どーん。

調べてみたら、レンガから自分で焼いて作られた全てセルフビルドの建物なんですね。現在も未完成。増殖中のサグラダファミリアみたい。高知の沢田マンションのことを思い浮かべました。

 

鳴門にある海辺のホテルは気持ちがよくて、窓からは海しか見えなくて素敵でした。

夜は、14gの方におすすめしてもらった「びんび家」。お魚やワカメのお味噌汁が素晴らしかったです。

あまり予定を入れすぎず、のんびりの旅。

翌日はいよいよ鳴門の渦潮。今回の旅のメインです。

 

徳島出身のチャットモンチー、「AWA COME」をよく聞いていたんですが、景色を見ながら音楽に込められた思いを感じて、旅の間中、脳内でたくさん再生されていました。徳島のことがいっぱい歌われていたんだなあとあらためて聞き返しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 - -
旅の終点 尾道

 

最終日もフェリーで移動し、尾道へ。結婚した後、比較的早い時期にきたことがあります。何年前になるんだろう。上の写真はONOMICHI U2というかっこいい複合施設で、ホテルやカフェ、レストラン、ショップが倉庫を改装して作られていました。以前来た時にはなかったものです。

 

8時からカフェはやっているし、スペースがたくさんで椅子もいっぱい。のんびり港を眺めながら過ごすのもまた、素晴らしい時間でした。

 

 

素敵な本のお店にもよりました。古書と新書が半々で、音楽のCDもセレクトされておいてある静かなお店。

瀬戸内のピアノのCDを買って帰ってきました。

 

普段みない景色を眺めると、不思議な気持ちになります。

瀬戸内の穏やかな海とぽっかりある島たちは、私にはなじみの無いもので、もはや異国。

だけど、広島で育った旦那さんにとってはあたりまえの風景だったりもします。

 

 

 

 

 

 

 - -
サイクリング日和

 

2日目、大三島の道の駅「しまなみの駅御島」のレンタサイクルターミナルで、ジャイアントのマウンテンバイクとヘルメットをかりいざ出発。

 

走り始めてすぐに、ぜんぜん漕げずなぜか心臓だけが疲れる。山道を自転車を引きながらのぼります。テンションが駄々下がり。。サドルが低すぎたんですね。サドルの高さのちょっとの違いで、疲れ方がぜんぜん違います。旅から帰って、自分の自転車のサドルも少し高くしちゃったくらい、身体への負担が違う。

 

大三島から生口島へは多々良大橋を通って行きます。ごきげんも治り、大きな橋を渡り、生口島へ。この島は島の外周がほとんど起伏がなく平らなので、気楽にサイクリングしたい人にはおすすめです。砂浜もあるし、多島美がすばらしい。静かで美しかった。

この日の夕方から夜から明日にかけて雨が降ってくる予報に変わり、瀬戸田の観光所にあるレンタサイクルターミナルで返して、因島へフェリーで移動しました。宿がとても変わった所にあったみたいで、フェリーの方に「余計なお世話かもしれませんが、このフェリーの降り場の周りには工業地帯なので本当になにも無いですが大丈夫ですか」と心配されました。


 

 

 

 

 - -
大山祗神社と村上海賊

 

大三島にある、大山祗神社です。

お宿の近くにあって、着いた時と、朝にももう一度参拝しました。古くから地元の方に大切にされてきたんだろうなという、きりりとしながら温かなおおらかな場所でした。

 

お宿の方もそうでしが、お人柄が穏やかですね。みなさんおおらか。

 

この旅の前に、和田竜さんの「村上海賊の娘」を1巻だけ読んで出かけました。大山祗神社は、作中にちょこっとでてくる鶴姫の伝説のある神社でした。しまなみ自体が、村上海軍のテリトリーそのものの場所でしたから、もしこれから行かれる方は読んで行くと楽しさ倍増かもしれません。行ってから読んでもまたよしです。私は2巻を帰りの新幹線で、3、4巻ももうすぐ読み終わってしまう。。旅に行くと、その土地とのつながりができるようで、今まで全然知らなかった場所なのに、突然親しみがわくところが面白いものだなあと思います。

舟で行くと、その島の入り組みや、山なのか、次の島なのかわからない。この複雑な海の要塞だったのでしょうね。

 

つづきます。次はやっと自転車にのりますよ。

 

 - -
はじめてのしまなみ街道

10月になりましたね。

ひさしぶりの更新になりました。お元気でいらっしゃいますか。

 

先日、しまなみ街道へ、2泊3日の旅に行ってきました。遅い夏休みです。

瀬戸内しなまみ街道は全長70キロ、愛媛県の今治から、広島の尾道まで、瀬戸内の島々を結んだ橋を渡りながら、サイクリングやドライブを楽しめる道路です。

 

自治体でレンタサイクルを運営されていて。各地区にあるレンタサイクルターミナルであれば乗捨ても自由なんですよ。また、今治市内の一部のホテル・旅館等にも乗り捨て可能です。

 

旦那さんは、自転車で全部の走破をもくろんでいたのですが、私ははなから最初はバスで、途中からちょっと自転車にのる作戦。お天気があまり良くない予定の日もあり、さてどうなることか。

 

岡山までは新幹線。高松などに飛行機でいくのもいいかもしれませんね。

岡山から今治まで特急にのります。四国に入るととたんに見慣れない景色。旅の気分は高まります。

 

旦那さんは今治駅前でレンタサイクルを借りました。3日分。私はひとまずバスに乗り込みます。一日目の宿が大三島の真ん中あたりにある宿で、そこへはバスで行ける事がわかっているから。さっそく別行動です(ひどい)。

 

 

バスからの景色。この景色は長い橋の途中です。いい眺めだ〜。バス最高!!

 

今治からは、大島、伯方島(伯方の塩で有名ですね)、大三島と橋を渡っていきます。

バスですと1時間、自転車だと5時間くらい。バスに乗りながらも、これは、大変だと思いながら景色をみていました。もし私が最初から自転車にしていたら、早々心が折れそう。。今治から最初の島に行く来島海峡大橋がとても大変だそうですよ。橋は高い所にあるので、つねにまず橋のラインまでのぼらないといけないんです。島の中ももちろん起伏があります。だけど、自転車の達成感はありますよね。

 

 

 

 - -
夏の旅2
岡山の真ん中あたりから、蒜山に移動して、鎌倉のお友達とも合流。

いつもの風景。セッションするお部屋から見える景色。川の音が聞こえます。ここもまた、透明な場所。たくさんの方にお会いする場所。セッションしながら、自分もクリアになります。いつもありがとう。


ここでも美味しいものたちを。みんなで。美味しいごはんをオカズデザインさんが作ってくださいました。


私の大好物はジャガイモが揚げてあるやつなんですよ。なんで知っているの?

もうひとつ、森のお家で森の中でお風呂に入れてもらって、そのあとまたそのお家にもハンモックがあって、お風呂上がりにゆらゆら。
お水がなにより美味しいんです。そして、森の中って、中に入ると静かなんだってはじめて身体で知った。
里や、森の入り口のほうが、虫や鳥の声がする。中は本当に静かなんです。

美味しいものに縁があって本当にありがたいな。そんな星の元にうまれて幸せです。

今回帰りはゆっくりバスと新幹線を乗り継いで帰ってきました。
旅の間は、ずっと村上春樹さんのねじまき鳥クロニクルの2の文庫を持ってきていて、もう何度目かの井戸に潜ったり、加納クレタに会ったりしたんだけど、読み終わってしまった。本は旅にかかせません。

岡山駅の本屋さんにあった、小川糸さんの「あつあつをめしあがれ」を購入。新幹線の中で、なぜかぽろぽろ涙をこぼしながら読み、帰ってきました。なんだろう。なんであんなに泣いたんだろう。

Aokiさんとharukaさんの音楽を聞きながら。




 - -
夏の旅1
今回の夏の旅も、

なんてすごいんだろうなって何度も思いました。
プロフェッショナルは、いたるところにいる。
ひそかに。

饒舌じゃないから、つい心の中で思うだけだけですけれど、私は私の最大限を出し尽くすだけ。出し惜しみなんてとてもできない。そんな人たちのとつながりが持てて、私はとても幸せです。

美味しいもの、美しいものをつくるひと、すばらしい食材をつくるひと、家庭を守るお母さん。
頭がさがります。私もがんばるぞ。

私の仕事っていったいなんだろうって、最近ずっと考えています。
身体を整える。というのが表向きだけど。
ちゃんと伝えていけるように、少し準備をしはじめました。来年に向けて少しずつ。


岡山の津山にあるイタリアンレストラン「シエロ」さんで、自然農のお野菜を作っているご夫婦のノリランカさんの野菜のお食事会の一こま。これは前菜。あたたかな人たちがあつまって素敵な会でした。お席がご一緒だった方から、徳島のすばらしさについて、たくさんきいたのです。いつか徳島にも必ずいってみたい。

風の吹き抜ける田んぼ。すくすくそだってね。



お友達のお家でいただいた、夕食。カレーだけど、カレーなんだけどほんとに特別。いつも美しくて美味しい。
作家さんご夫婦でご自身の器とカトラリーでいただくのもまた、なんともいえず贅沢なことです。お二人には丁寧さを教わる。いつも。カレーはタマネギとジャガイモのピューレので作ったものだそうですよ。


お友達のお家でもハンモック。ハンモックに恋しています。



 - -
はじめての九州(3)
翌日は足をのばして、宮崎へ。高千穂峡へいきました。

九州に住んでいる人でもあまりいったことがない、というくらいの場所です。
アクセスがあまりよくないからかな。他にも風光明媚なところはたくさんあるからかもしれませんけれど、いつかいってみたいとおもっていたところだったので。行く事ができて嬉しかったなあ。

高速バスを予約して片道3時間のバスの旅です。
ついてみたら、高原特有のあの空気感とともにしずかな街につきました。

高千穂峡、想像をはるかにこえるでかさでした。ボートにものりました。

す、すごい!

ロードオブザリングの世界みたい。

こっちの岸はまるくて。

逆はギザギザ。

瀧の近くが大混雑!

きれい〜。

国民宿舎にとまって大正解でした。綺麗でしたし、峡から近いし。
高千穂ではなぜか、2回も同じおそば屋さんで食べました。天庵っていうお店でした。素朴なあたたかなお店でしたよ。

 - -
| 1/5 | >>