おもしろがったもん勝ち
先日の台風で被害にあわれた方々へ、お見舞いを申し上げます。
あの日の朝、テレビをつけて愕然!京都が、渡月橋が。。

鎌倉はそこまで雨風が強くなく、ちょうど秋祭りで流鏑馬の神事がある日でした。
旦那さんがしらべたところによると、もののふは雨でも風でも戦をするから、流鏑馬は雨天決行らしいみたいなことを、流鏑馬の小笠原流の方のブログに書いてあった(笑)とのことで雨もやんだしお散歩がてらいってみました。歩いて5分て、やっぱり不思議なところに住んでいる。

もののふはよくても、八幡宮的には(もしくは観光協会的には)だめだったのか、流鏑馬の練習ということになってはいましたが、目の前で繰り広げられるお馬さんの迫力に興奮!

けっこう外国からの方がいらしていましたね。
わたしたちのお隣は、もののふギャルのお姉様たちでした。(詳しかった〜)

堪能して、帰って来ると玄関のドアのところに水シミが。あれ雨漏りかなあ?なんて思ってドアをあけたら。

みずびたし!!3センチくらい水がたまってますがな。

一瞬ふたりであたま真っ白でしたが、思い当たるふしが。。洗濯機のホースが外れていたんですね。
ぎゃー、携帯が、コンセントが〜。と、おもったものの大事にはいたらず、二人でお掃除タイムになりました。

こういうとき、ほうきは役に立つわ。水をかき出せるから(役目が違う)

台風の被害はなかったけれど、水害はあった我が家でしたが、おかげで綺麗になりました。
うちは洗濯機のお水だったからよかったけれど、本当の被害だったらこんなものじゃないのよね。。と、思いつつちょっと綺麗になってよかったことです。

鎌倉 - -
御成商店街のおすすめ
今日の鎌倉は一日しとしと降りでした。きっと緑が喜んでいますね。
こんばんは。みなさんはどんな一日でしたか。

お友達が鎌倉にお子さん連れでいらっしゃる時行くといいかなと思うのが、御成商店街の「くろぬま」さんです。
小さい頃、緑色のかえるに紐がついていてぴょこぴょこ動くおもちゃがあったのを覚えていますか?あれが60円だったり、おばけけむりがあったり、スライムがあったり、リリアンや、バルーン(っていう銀色のしゃぼんだまみたいのを作れるやつ)があったりと、小さなおもちゃがたくさん置いてあるんですよ。大人も楽しめます。大富豪の気分です。
50円〜300円くらいのおもちゃだからね。

御成商店街の、もうひとつのおすすめは「コクリコ」というクレープ屋さんです。
小町通りにもあるけど、とても混んでいるからお子さんとご一緒のときはこっちがおすすめ。
皮が美味しくて、おすすめのレモンシュガー(生のレモンをしぼってくれる)は300円です。

子どもの目線でいると、水たまりも、ソフトクリームのディスプレイも、猫も、いろんなものが違う角度でみえる。なにかに一生懸命に打ち込んでいる姿はその人自身の「自分の心」も喜ぶし、まわりの人もその姿にうたれるものですね。
鎌倉 - -
すずらん屋台とクレープ
5/1は「スズランの日」
フランスでは、この日に大切な方にスズランを贈ると
贈った人も贈られた人もシアワセになると言われているそうです。
CHAJINさんのスズラン屋台へ、
「ロミユニコンフィチュール」さんへ行きました。

今日は、オープン前からたくさんの方が列をつくられていたそうです。
みなさん、今日の日を楽しみにされていたのですね。
スズランはオープン後すぐに売り切れてしまったそうです。

素敵なお二人。

お隣では、ロミさんが直々にクレープ屋台をだされていました。
あたりは甘い、美味しそうな香り。こちらは、6日まで行われるそうです。
来年は、クレープ屋台はされないかもしれないとおっしゃっていました。
もちもちの生地が美味しい、ベリーとバターのクレープをいただきました。
鎌倉 - -
夜の梅
鎌倉の山も、全体が淡い淡い桃色や萌黄に発光しているようにみえます。
この時期、立派なお庭のお宅では、庭師さんが入って、
庭木や生け垣を剪定している姿をみかけます。
竹垣のあおあおと、新しい様は香りもよく気持ちがよいもの。

今は、梅が一番綺麗な時期ですね。
梅の香りって、特に夜ふと匂うのが、色っぽいと思います。
そして、夜の梅といえば、とらやさんの「夜の梅」。
羊羹の切り口の小豆が、夜の闇にほの白く咲く梅を表すことから
その名前がつけられたそうです。
結局食べ物にお話がいってしまう、色っぽくないお話でした。
鎌倉 - -
ロミユニコンフィチュール
友人がきてくれたので、のんびり鎌倉散歩をしたり
家で、トマトとごぼうと鶏の炊き込みご飯などを食べたり。

ロミさんのお店をご紹介してみました。
今日も美味しそうなジャムたちが勢揃い。
友人はジンジャーとキャラメルのジャムを購入してましたぞ。美味しそう。
ミルクに入れても美味しいそうです。

その後ディモンシュでお茶を。王道鎌倉コースですね。
鎌倉 - -
10年目のスーベニール展
ディモンシュでお茶を飲みながら、絵をみて、
その後自転車で、海辺のボーンフリーワークスへ。
お天気がとてもよくて、海がきらきらしていました。
小山さんのキーホルダーと、中川ワニさんの珈琲を購入。
鎌倉 - -
| 1/1 |