shukushuku2号
「ShukuShuku」の2号をじっくり楽しくよみました。
暮らしの根本について考え直している人たちへ、あたらしい豊かさとはなにか、哲学していくライフスタイルマガジンで、震災をきっかけに、自費制作でつくられています。

読み終わって、すがすがしい気持ち。これを伝えたいなってと真摯に思うことに丁寧にむきあって、じっくり考え、思い切り表現する姿は胸をうつ。

2号のテーマは「いま、いい服って何だろう?」です。
かわいい表紙。

私は、お洋服や靴は大好きだけど、たくさんはいらない。
着心地がよかったり、好きなお店でじっくり買い、お直ししたりしながら、一緒に時を過ごせたらいいなと思っています。

今回の特集にも取材されている鎌倉の「JAMES &Co」というお店のリブパンツとワークパンツを繰り返し履いています。くわしくは紙面でみてみてくださいね。最初にふらりと由比ケ浜通りのお店に入ったとき、こんなに毎日のように履く洋服に出会うなんて思ってもみなかったけど。お店の方の凛とした考え方が信頼できる感じだったこと。なにより着やすいということが好きなところ。
他に掲載されているところも、丁寧に服にむきあっているお店ばかり。いってみたいと思います。

他にも新しい連載がはじまってもりだくさんだし、
もう何度もじっくり読もうと思っています。毎回発見がありそうだ。

http://shuku-shuku.com/
鎌倉だと、今回の号はJames&Co.でも販売しているそうですよ。
読むこと - -
| 1/1 |