「光を集める」「からだとこころの手帖」

昨年、主婦と生活社さんのサイト「暮らしとおしゃれの編集室」の連載「からだ修行」の取材で、編集ライターの田中のり子さんと写真家の砂原文さんにお会いしました。その日は特別に風の強い日でした。髪の毛が全て舞い上がるほど。

たまたま、田中さんが個展でオーダーしていた砂原さんの写真を受け取った日で、強風の中、車の中に戻って写真を取りに戻り見せてくださったのです。それがDMになっている海の写真でした。


吉祥寺のfeveさんで砂原文さんの写真展「光を集める」が開催されています。(今日13日はお休み)

モロカイ島から「pili」の光を中心に、ハワイ島やポートランドなど、各地で集めた光の風景を展示されています。
.

砂原文 写真展「光を集める」

2月9日〜16日(13日お休み)
12-19(最終日1730)
吉祥寺ギャラリーfeve
武蔵野市吉祥寺本町2-28-2-2F

砂原文さんの写真展「光を集める」に寄せて、今まで田中のり子さんが「からだ修行」で感じたこと学んだことなどをまとめた「からだとこころの手帖」という小冊子を制作されています。お写真は砂原文さんです。


展示に足を運べない方には、ギャラリーfeveさんで通販でもお求めいただけるそうです。
feveさんのホームページのshopのところから、メールフォームでお申し込みできるそうです。

本体550円に送料120円、郵便振り込みです。

 

健康にまつわる情報はたくさんあり、正解はありませんが、自分のこころと体を見つめるきっかけにと丁寧に作られたこの冊子。

あの風の強い日の取材のことに触れていただいています。光栄なことです。

 

田中さんの真摯な姿勢と言葉、砂原さんの静かに響くシャッターの音を思い出しながら、幸せな気持ちで読みました。

 

日々 - -
旅のおとも

 

 

Pebbles Books

この間のお話会で、小石川のこの本屋さんの話が出てきて一番行ってみたいなと思ったお店でした。

 

先日の旅で、お友達から借りた本。

旅の途中に読んだらいいよと、おすすめしてくれた2冊。

 

一冊は俳優の山崎努さんの読書日記は旅のちょっとした時間に気軽に読むのにぴったりで、しかもありとあらゆる雑多な、いろんな種類の読まれた本を淡々と紹介しているのがいい。山崎さんの言葉で。

 

もう一冊は、石牟礼さんの苦海浄土を読もうと思って何度か挫折しているとちらりと話したら、まず先にあやとりの記を読んでみたらと勧めてくれました。石牟礼さんの言葉は柔らかなリズム。こちらは少しつず読み進めることにします。

 

今日は木曜だけど、friday morningという曲を。最近、よく聞いているkhrangbin。

 

日々 - -
明るい未来

 

never young beachのライブ、中野サンプラザにて。

写真OKタイムの一枚。

 

自分の置かれている状況や気持ちが出てしまうから、表現する人は大変だ。

けれど、過去に作った曲が助けてくれることもあるだろうし、前に進むことに手を貸してくれることもきっとあるんだろうと思いました。創設からのメンバーが一人抜け、きっと大変だったであろうことしのツアー。

ファイナルがあんな風にゆったり楽しそうに演奏できるなら、これからもきっと大丈夫でしょう。

別れや、幸せや、いろんなことがあっての人生だもの。

 

日々 - -
等々力の巣巣のこと

 

これはいつかの由比ヶ浜の夕方の海。

とても暖かく美しい日の。

 

等々力に巣巣というお店があります。

家具のお店なんですが、それだけではなく、ライブをしたり、作家さんの展示があったり、国内外から素敵なものをたくさん取り扱っていつも楽しく人が集う場所です。その巣巣も12月24日をもって閉店となるそうです。

まだまだ素敵な家具もあるし、イベントもあります。気になっていたけれど、まだ行ったことないという方はぜひ足をはこんでみてくださいね。ネットでも注文できます。我が家の安楽椅子は巣巣の。本当に素晴らしい座り心地です。

 

今回の場所ではひとまず終え、また新たにということなんだと思います。

変化の時なんでしょうね。きっと。

 

http://www.susu.co.jp

 

 

日々 - -
世界を変える美しい本

 

先日、三島にあるクレマチスの丘にある、ベルナールビッフェ美術館へ行ってきました。

 

「世界を変える美しい本
インド・タラブックスの挑戦」

 

 

会期: 2018年11月10日(土)—2019年1月14日(月・祝)

水曜日がお休みです。

 

前に板橋美術館で開催されていて、見に行きたいと思っていたのにタイミングを逃してしまいました。

美しいハンドメイドの絵本を作っている南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」の展示

あの場所でゆっくり見ることができて良かったです。

 

夜ご飯は少し足を伸ばして、静岡にある鰻屋さんへ。満嬉多 (まきた) さんというお店に伺いました。

ご予約だけだそうで、到着に合わせてお米を炊いてくださるそうです。

一緒に行ったお友達が、こっそり教えてくれたお店です。こちらでもこっそり。

美味しかったなあ。。おすすめです。

 

 

 

 

 

日々 - -
ただいま

 

こちらは蒜山耕藝くどの定食。

 

台風の合間の岡山への旅でした。無事に戻りました。

 

元気で、笑顔で会えることが本当にありがたいことだと思います。

あたたかく迎えてくれてどうもありがとう。

 

実りの秋、大切な稲刈りに立ち会えたり、新しい工房を見せてもらったり、かっこいいお家を建てているところを見せてもらったり

お仕事の合間に駆けつけてくれたり、初めてお目にかかる方もいらしたり、一緒にご飯を食べたり。

 

岡山も、広島も、京都も、自然の力の大きさを改めて感じました。まだ復旧がされていないところのお話も聞きました。

これから、どこにいてもあり得ることですよね。想定したり、備えはしつつ、たくましくいたいものです。

 

 

 

 

日々 - -
繕う楽しみ



体の一部みたいに長年よく着ているロングカーディガンを、穴がたくさんあいても気にせず着ていたのですが、さすがに10個もあいてたらちょっとマズイ。セーターにもよくないと悩んでいたのを、お恥ずかしながらミスミさんに思い切って相談してみたのがきっかけでした。すごく素敵に繕ってくださり感激。

8/27に発売されているミスミノリコさん著『繕う愉しみ』(主婦と生活社)にちらっとこのセーターが載っています。
いろんなお直しのコツや、ダーニング、おつくろいのことここまでいっちゃうの?というくらい惜しみなく書かれています。センスのかたまり。ご興味のある方はぜひ。

 

私は、どちらかというとあまり一から自分で作りたいという欲がありません。

プロにお任せしたい気持ちが強いし、作ってもらったものをちゃんと着たいなという気持ちが強い。

でも、ちょっとの穴くらいなら繕えるんだなとハードルをグッと下げてくれたのはミスミさんでした。先冬に、こちらでもダーニングのこと書きましたね。


まだちょっと早いけど、もう秋も近くにやってきているし、カーディガンこれからも大切に着ます。また穴があいちゃったら教えてもらったニードルパンチで補修しよう。

9/4-9まで表参道のギャラリー・ドゥー・ディマンシュさんで個展があるそうですよ。
 

日々 - -
涼をとる

まだまだフジロックの余韻に浸りつつ。(これがロス。。)

週末はフェスでユーミンが歌ったとか。時代ですねえ。

 

 

昨日食べたLONG TRAK FOODのかき氷。毎年鎌倉で行われているものですが、なかなか今まで食べる機会がなかったので嬉しい。

福田里佳さんが盛り付けてくださいました。このイベントだけは原価計算とか全くしていないとおっしゃっていたけれど、そうでしょうとも。

14種類のコーディアルがかかっているし、しかも混ざった方が美味しい。

アプリコット、アメリカンチェリー、マイヤーレモン、ジューンベリー、ブラックベリーとマルベリー、ダマスクローズ、ホームメイドの練乳、イチジクとバニラビーンズ、ラズベリーとブルーベリー、ホワイトワイルドストロベリー、ヘタつきいちご丸ごと、青い南高梅とラベンダー、完熟の南高梅、レモンの花びらのガルニチュール。とのこと。以上現場からでした。

 

さあ、今日も暑くなりそうです。昨日の夕方は神社の境内で涼みました。

 

最近聞いている音楽は

去年のフジで聞いてから、どんどん好きになるRhye

この曲に限らず、声が涼やかで、この夏よく聞いています。

 

 

8月の23日からのイベントについて、後ほどご連絡しますね。

 

日々 - -
日々のこと

お久しぶりです。お元気でいらっしゃいますか。

 

西日本の被災地の皆様、お見舞い申し上げます。

少しでも早く、心穏やかに暮らせる日がきますよう。お祈り申し上げます。

 

 

ある日のご飯。岡山の旅でお友達が作ってくれたものです。

 

あの雨の日の二日前まで一週間くらいかけて岡山の友人たちのところに何箇所か伺い、久しぶりに会っていたところでした。

被災した友人もいるのですが、皆元気で前を向いてもう一歩も二歩も歩き始めています。

当たり前のことはなく、日々の日常が大切だということ。

いざという時にしっかり繋がりを持っている友人の大切さ。明日は我が身とちゃんとイメージしておくこと。

やはり準備や、いざという時の判断や胆力も、体力も、元気があってこそだね、という話を何人もとしました。

それはなんてことない日常かもしれないけれど、日々のコツコツと積み上げることなんじゃないかなと思っています。

日々全身と心を使って。楽しくね。

 

最近は夏野菜が美味しいですね。

じゃがいものマッシュをオリーブオイルとニンニクで炒めたものや

トマト納豆鍋や、いろんなナムルを作っています。

細川亜衣さんの「野菜」の本や、辰巳さんの鳥のスープが最近のマイブームです。

 

 

アップリンクで再上映されるようだから、今回こそ観にいこうと思います。

 

 

日々 - -
梅雨の鎌倉から

 

ある日の由比ヶ浜。この日の波がとっても綺麗でした。

今の鎌倉は、梅雨にもかかわらず賑やかです。紫陽花もまだゆっくりと美しく咲いているようです。

 

ロルフィングのセッションでお会いする方々が

自分で色々発見されたり、緩んだり、楽しく過ごされているのをみせていただけることを本当に幸せに思います。

一回のセッションでも、シリーズのセッションでも、久しぶりの方でも。

 

仕事でも、日常でも、その方にしかできない仕事を真摯にまっすぐにされている方にお会いする機会が多く、

私もそうありたいなと気が引き締まります。

 

この人にお願いしたいと思う人に、お仕事はお願いしたいし、そういう方が近くにいることは幸せなことですね。

私自身もそんなふうに信頼を寄せていただけるように、日々コツコツと目の前のことを集中していきたいと思います。

 

来週から出張に行ってきます!

 

セッションのご予約ですが、7月の中旬以降から8月になります。どうぞよろしくお願いいたします。

8月の後半には、2月に行ったロルフィングの体験のイベントを予定しています。

はじめての方も、そうでない方もどなたでもよかったら!また詳細が決まりましたらこちらにご連絡しますね。

 

 

先日、久しぶりにまとめてフジファブリックのDVDを見ました。

2009年のカウントダウンジャパンの民生さんが歌ったカバーを思い出します。

夏至の日、とても夕日が綺麗でした。

 

 

 

 

 

 

 

日々 - -
| 1/38 | >>