ある日の中華街

 

少し前の中華街の写真。

 

中華街にはローズホテルという古いホテルがあって、その一回のロビー近くのお部屋に、戦前に作られたピアノが展示されています。

幕末、外国人居留地がひらかれた横浜では、イギリス系やドイツ系のピアノ制作会社だけでなく、中国系の制作会社も存在したのだそうです。李兄弟ピアノ製作所で作られたこのピアノは倉庫の中で眠っていたり、いろんな人の手に渡って、時を経て再生されたものなのだそうです。

T.A.LEE-PIANOと銘が鍵盤蓋の内側にありますが、実は今のローズホテルの総支配人のお名前も同じなんだそうですよ。そっとホテルの方が教えてくださいました。時を経て、私たちが見ることができるって不思議。

 

ローズホテルの前にある「南粤美食」気軽で美味しくてとても好きです。

 

なんだか今日はこの曲が聴きたくなって。

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>