美しいということについて考えた1日

 

〜群馬県立近代美術館のホームページより。

 

ウィリアム・モリス(1834-96)はデザイナー、詩人、思想家、工芸家などさまざまな顔を持ち、19世紀ヴィクトリア朝のイギリスでその豊かな才能を開花させました。産業革命により大量生産品があふれたこの時期、彼は時間をかけた丁寧な手仕事を愛し、自然の美を讃えた生き生きとしたデザインを生み出しました。 モリスは結婚を機に新居となるレッド・ハウスを建設したとき、自身の目指す快適な生活空間には家具や壁紙が欠かせないものだと気づき、木版による美しい壁紙を生み出します。壁面一杯に優雅に広がる草花は、100年以上経った今でも人々を魅了する居心地のよい空間を演出します。モリスはこれまでの、リアリズムに基づいた奥行のある壁紙空間から離れ、平面的な造形の中にいきいきと鳥や草花を表現し、装飾と自然の新しい関係を追求しました。 本展は、英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵する貴重な壁紙や版木など約130点を日本で初めて紹介し、19世紀に隆盛期を迎えた英国壁紙デザインの変遷をたどります。

〜〜

 

39度を超える暑さの高崎へ、ウイリアムモリスの展示に行ったある夏の日。

内容をよく知らずに一緒にやってきた旦那さんは、壁紙の展示だよというとなんとも微妙な顔をしていましたが、実際の展示は私以上に食い入って見ていたからよかったです。

ダールさんの壁紙がとてもよかったね品があってと意見が合いました。

 

 

群馬県立美術館は、群馬の森公園の中にあります。

高崎からバスでトコトコ30分くらいかかるので、だいぶ遠くまで来た感じがあったけれど

いいところですね。

 

高崎に戻って、旦那さんの好きなカツ丼を食べに栄寿亭へ行きました。

ソースカツ丼がお店の名物そう。テイクアウトもあって、地元の方は電話して取りにいらっしゃるのでしょう。

街には人が誰も歩いていなかったけれど、このお店は満席で後からもたくさん人がいらしてました。

 

そして、カツ丼のお店に行く途中に高崎市美術館があってなんと萩尾望都さんの展示がされているではないですか。

お昼を食べて、そちらにもいそいそと。

原画を見る機会は貴重です。美しい線本当に素晴らしくて高崎に来てよかったと感動。

 

帰ってから、なんとなくまだ見ていなかったバクマンを見たのはきっとこの影響です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             

 

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>