江之浦測候所

 

「江之浦測候所」

 

写真家で現代美術家の杉本博司さんの手がける施設で、小田原の先、根府川にあります。

山の上の広大なその場所には、天体観測所のような、舞台のような、祠のような、祭事場所のような。

古の、未来の、そして現在の。水平線がその前に圧倒的にあります。

 

“世界や宇宙と自分との距離を測る”測候所という意味合いもあるそうです。

 

冬至の朝に日が入ると、光が石に差し込む仕組みや、

夏至に100メートルのギャラリーに光が駆け抜けたり、

春分秋分の太陽の方向を指している石の三角塚があって、古墳のようだったり。

 

まだ進化中の場所はいろんな季節に様々な姿をみせてくると思います。

ちょうど、お知り合いをご案内されていた杉本さんが入ってこられたりしてドキリ。

 

教えてくれた友達に感謝です。たまたま2日前にこちらの方面に行くんですよと話したら、この場所がとても良かったからぜひ行くといいよとおすすめしてくれたのでした。私もみなさんにおすすめを。

 

事前にご予約が一番良い形かと思いますが、今日は冬の平日だったからか当日9時からの電話での予約で入れました。

根府川まで送迎のバスもあります。外もたくさん楽しめますから、寒くない格好で、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

 

 

- - -
<< NEW | TOP | OLD>>