本を贈る 展

 

楽しみにしているイベントがあります。

 

 

『本を贈る 展』
それぞれの仕事にまつわる、ものやこと

2.1fri-2.3sun
10:00-17:00
at BORN FREE WORKS
鎌倉市由比ヶ浜4-10-20 SOHO’S 2号室

本作りの裏方のお仕事を担う人たちのエッセイ「本を贈る」という本が出版されています。
批評家、編集者、校正者、装丁家、印刷、製本、書店営業、取次、書店員、本屋。

ボーンフリーワークス主宰の小鳥美茂さんの、閃き企画です。
小鳥さんと高校時代の同級生で、校正のお仕事をされている牟田さんがこの本の著者の一人であったことから実現した今回のイベント。仕事や人にフォーカスする展示なのが、とても興味深いです。どんな展示になるのか楽しみ。

 

牟田さん、セブンルールという番組に出演されていたのを拝見したことがあるのですが、校正の仕事の大変さに驚きました。

常にいろんな可能性に対応して、間違いがあってはならないし、出すぎても行けないし、事実確認をするため資料を読み込んで、メモとして添えてもほとんどが採用されない。神経がすり減るようなお仕事でもやはり好きでコツコツと目の前の原稿に向かう姿がかっこよかったです。

本当はイベントで買おうと思っていたのに、我慢できなくて買ってしまいました。
本が好きなつもりでいたけれど、知らないことの方がずっと多いですね。
営業の方のところで、堪えられずに泣いてしまった。泣くなんて思っていなかったのに。
とても素敵な本でした。展示でも本は購入できるそうですよ。

- - -
これは昨日の一瞬の晴れ間

 

日々があっという間に過ぎてしまって、もう1月も半ばなんて信じられません。

ブログも更新するといいながらこんなに時間が経ってしまいました。

 

節分の頃までには、今年やることリストを完成させたいです。

 

例えば一日15分でも勉強する。

ちょっといつもと違うジャンルの本を読む。

映画を月に一本みるとか。

行きたいお店とか場所とか。

掃除のこととか。

ともだちと100書き出そうと話しています。

 

 

 

 

 

 

- - -
あけましておめでとうございます

 

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年末年始は、家族で過ごしました。

姪っ子たちとアナログゲームをしたり、公園で遊んだり、テレビを見たりしました。

健康でいられることが何よりありがたいことです。

 

初詣で引いたおみくじは大吉でした。

 

 

 

- - -
良いお年を

年の瀬、気持ちよく晴れた鎌倉から。

 

2018年、私はいろんなことにチャレンジした一年でした。

皆さんはどんな一年でしたか。

 

ブログの更新が不定期でしたのに、

見てくださってありがとうございました。

いつも励みになります。

 

来年もゆるりと、書いていこうと思っています。今年よりはもう少し頻繁に。

2019年はどんな年になるでしょう。楽しみです。

 

 

良いお年をお迎えください。

 

- - -
明るい未来

 

never young beachのライブ、中野サンプラザにて。

写真OKタイムの一枚。

 

自分の置かれている状況や気持ちが出てしまうから、表現する人は大変だ。

けれど、過去に作った曲が助けてくれることもあるだろうし、前に進むことに手を貸してくれることもきっとあるんだろうと思いました。創設からのメンバーが一人抜け、きっと大変だったであろうことしのツアー。

ファイナルがあんな風にゆったり楽しそうに演奏できるなら、これからもきっと大丈夫でしょう。

別れや、幸せや、いろんなことがあっての人生だもの。

 

日々 - -
近くにある美しいもの

 

砂紋。自然が目の前にみせてくれる偶然の美しさ。

 

人に出あうことも、美しいものに出会うことも、

ただただありがたい今日この頃です。

 

もう12月も半ばなんて、早いですね。

急に寒くなってきました。根菜をよくいただいています。りんごやみかんも!

 

お互い、あたたかくして過ごしましょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- - -
江之浦測候所

 

「江之浦測候所」

 

写真家で現代美術家の杉本博司さんの手がける施設で、小田原の先、根府川にあります。

山の上の広大なその場所には、天体観測所のような、舞台のような、祠のような、祭事場所のような。

古の、未来の、そして現在の。水平線がその前に圧倒的にあります。

 

“世界や宇宙と自分との距離を測る”測候所という意味合いもあるそうです。

 

冬至の朝に日が入ると、光が石に差し込む仕組みや、

夏至に100メートルのギャラリーに光が駆け抜けたり、

春分秋分の太陽の方向を指している石の三角塚があって、古墳のようだったり。

 

まだ進化中の場所はいろんな季節に様々な姿をみせてくると思います。

ちょうど、お知り合いをご案内されていた杉本さんが入ってこられたりしてドキリ。

 

教えてくれた友達に感謝です。たまたま2日前にこちらの方面に行くんですよと話したら、この場所がとても良かったからぜひ行くといいよとおすすめしてくれたのでした。私もみなさんにおすすめを。

 

事前にご予約が一番良い形かと思いますが、今日は冬の平日だったからか当日9時からの電話での予約で入れました。

根府川まで送迎のバスもあります。外もたくさん楽しめますから、寒くない格好で、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

 

 

- - -
等々力の巣巣のこと

 

これはいつかの由比ヶ浜の夕方の海。

とても暖かく美しい日の。

 

等々力に巣巣というお店があります。

家具のお店なんですが、それだけではなく、ライブをしたり、作家さんの展示があったり、国内外から素敵なものをたくさん取り扱っていつも楽しく人が集う場所です。その巣巣も12月24日をもって閉店となるそうです。

まだまだ素敵な家具もあるし、イベントもあります。気になっていたけれど、まだ行ったことないという方はぜひ足をはこんでみてくださいね。ネットでも注文できます。我が家の安楽椅子は巣巣の。本当に素晴らしい座り心地です。

 

今回の場所ではひとまず終え、また新たにということなんだと思います。

変化の時なんでしょうね。きっと。

 

http://www.susu.co.jp

 

 

日々 - -
よく飲みよくたべる

 

忘年会のシーズンですね。

 

美味しそうでしょう。美味しいんです。目玉焼きのバスタです。

この写真はもちろん私が撮ったのではなく、先日ご一緒したTさんが撮ったもの。画像をいただきました。

食べ物の写真は本当に難しいです。一眼レフ、いいですねえ。

 

逗子にあるohanayaさん。元々は自由が丘でお店をしていらっしゃいましたが、もともと好きな逗子エリアでお店をしたくてはじめられたそう。鎌倉周辺には自然派ワインを扱っているレストランが多いですが、こちらも。カウンター6席くらいと、テーブルが二つくらいなので、ご予約されると良いかと思います。夕方からのお店です。

昔ワインを飲むと、ものすごく具合が悪くなることが数回あって苦手でしたが、ナチュールのワインは(たくさんは全然飲めないけど)美味しくいただけて、嬉しいです。作り手さんたちのストーリーを聞くのも楽しい。

少し飲んで、さらりと食べられる、一人でも行けるような、美味しいイタリアンが私は多分好きみたいです。

 

また他のお店もご紹介しますね。

 

 

 

- - -
よく聴いていた音楽

 

鎌倉はあまりクリスマス感のない街なので、

ディモンシュのクリスマスの飾り付けや、ザッハトルテがお目見えするとああ、もう12月なんだと実感します。

 

少し早めの大掃除を少しずつはじめています。何があるか把握できるくらい隙間があると動線がスムーズですね。

数年触れていないものに関してはちょっとずつ処分して、12月、1月くらいかけてゆっくり整えていけたらいいなと思います。

 

本を読んだり、展示を見たり、音楽を聴いたり。

人に会ったり、自然を歩いたり。

 

変わらない日々です。

 

今年も音楽をたくさん聞きました。

2018年に特に聴いていた音楽は

d.a.n、サカナクション、ライとか。スポティファイをしっかり使い始めたのも今年から。

初めてプレイリストを作ってみました。無料で聴けると思います。良かったら。

 

https://open.spotify.com/user/21c2rhl2o6qasdw7463gbpeza/playlist/1kEVs5QOd6jnwQ3uWahxhn?si=ll_-9hFVQ-i84qU-rv7TZw

- - -
<< | 2/199 | >>