美しいということについて考えた1日

 

〜群馬県立近代美術館のホームページより。

 

ウィリアム・モリス(1834-96)はデザイナー、詩人、思想家、工芸家などさまざまな顔を持ち、19世紀ヴィクトリア朝のイギリスでその豊かな才能を開花させました。産業革命により大量生産品があふれたこの時期、彼は時間をかけた丁寧な手仕事を愛し、自然の美を讃えた生き生きとしたデザインを生み出しました。 モリスは結婚を機に新居となるレッド・ハウスを建設したとき、自身の目指す快適な生活空間には家具や壁紙が欠かせないものだと気づき、木版による美しい壁紙を生み出します。壁面一杯に優雅に広がる草花は、100年以上経った今でも人々を魅了する居心地のよい空間を演出します。モリスはこれまでの、リアリズムに基づいた奥行のある壁紙空間から離れ、平面的な造形の中にいきいきと鳥や草花を表現し、装飾と自然の新しい関係を追求しました。 本展は、英国有数の壁紙会社サンダーソン社が所蔵する貴重な壁紙や版木など約130点を日本で初めて紹介し、19世紀に隆盛期を迎えた英国壁紙デザインの変遷をたどります。

〜〜

 

39度を超える暑さの高崎へ、ウイリアムモリスの展示に行ったある夏の日。

内容をよく知らずに一緒にやってきた旦那さんは、壁紙の展示だよというとなんとも微妙な顔をしていましたが、実際の展示は私以上に食い入って見ていたからよかったです。

ダールさんの壁紙がとてもよかったね品があってと意見が合いました。

 

 

群馬県立美術館は、群馬の森公園の中にあります。

高崎からバスでトコトコ30分くらいかかるので、だいぶ遠くまで来た感じがあったけれど

いいところですね。

 

高崎に戻って、旦那さんの好きなカツ丼を食べに栄寿亭へ行きました。

ソースカツ丼がお店の名物そう。テイクアウトもあって、地元の方は電話して取りにいらっしゃるのでしょう。

街には人が誰も歩いていなかったけれど、このお店は満席で後からもたくさん人がいらしてました。

 

そして、カツ丼のお店に行く途中に高崎市美術館があってなんと萩尾望都さんの展示がされているではないですか。

お昼を食べて、そちらにもいそいそと。

原画を見る機会は貴重です。美しい線本当に素晴らしくて高崎に来てよかったと感動。

 

帰ってから、なんとなくまだ見ていなかったバクマンを見たのはきっとこの影響です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                             

 

- - -
からだとこころの調律 

 

「からだとこころの調律」
ロルファー 高橋美穂子
TEALABO.t 武内 由佳理 @t.tealabo ・
2018年9月16日(日)
第1部:10:00-12:00
第2部:14:00-16:00
場所:BORN FREE WORKS(由比ヶ浜) 
会費:¥5000 ・
秋のはじまりに由比ヶ浜BORN FREE WORKSにて、ロルフィングボディワークとお茶により「からだとこころの調律」を導くワークショップをひらきます。
からだの整えと、こころにじわりと響くお茶の時間をお過ごしいただけたらと思います。

夏の疲れが出てくる頃。
お茶を通じて今のご自身に意識を向けながら、特に今回は凝り固まった頭と目の疲れなど顔のケアを中心に、暮らしのなかのセルフケアとして取り入れていただけるようガイドしていきます。

秋分へ向かい昼夜の長さが同じくらいになる時節、自然のリズムに寄り添い自分で自分のバランスを整えていけますように。
夏の終わりから秋へ向かう海を感じながら、椅子に着席して行います。

ご予約、お問い合わせはTEALABO.t武内さんまでお願いいたします。t.tea.labo(a)gmail.com
アットマークに変えて送信くださいませ。 ・
◯お名前 ◯お電話番号 ◯ご希望の回 (もうひとつの回にご参加が可能でしたら、その旨もお知らせください。)をお知らせくださいませ。
お振込みいただき確認次第、ご予約完了となります。
どうぞよろしくお願いいたします。

WS - -
夏の日たち

 

ボーンフリーワークスでのイベント、無事に終了しました。暑い中でしたのに、お越しいただいた皆様ありがとうございました。

 

今回2回目。

 

前回から続けてきてくださった方、はじめましてのかた、

ロルフィングのこと知っていたけれど、今回タイミングが良かったら連絡してくださった方、

旦那さまを連れてきてくださった方、いろんな方がいろんなタイミングで訪ねてくださって

嬉しかったです。気軽さがもち味のこのイベントです。

行きたかったと連絡をくださった方、見守ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。

 

今回もひまわりみたいな笑顔で番頭さんをしてくださった

主催のコトリさんとも、やってよかったねとしみじみ話しました。

 

今回はTEA LABO tさんにこのイベントに合うお茶をセレクトしてくださいました。

コトリさんが前日の夜から水出しで仕込んでくれたもの。

お越しいただいた皆様にセッションの前にキュッと美味しい一杯を飲んでいただけて良かったです。

 

次回はまた2月に行う予定です。良かったらぜひどうぞ。

- - -
明日から

 

ボーンフリーワークスでのロルフィングを体験していただけるイベントは明日23日木曜日から日曜日までです。

 

土曜日はもういっぱいなのですが(金曜日もかな)

明日と日曜日は、あと少しだけ空いているようです。

ご興味がありましたらよかったら。

お申し込みなどはこちらをごらんください。

https://bornfreeworks.com/event_/20180826.shtml

 

TEALABO tさんと、コトリさんが素敵な企みでなんだかスペシャルなお茶も出るらしいです。楽しみ!

 

 

ドアを開けると、「海だー」て、ジーンとします。それは毎回夢のよう。

ここで施術させてもらえるのは、幸せなことです。

 

当たり前のことなんですが、最近やっぱり思うのは、

日々の手入れや小さなおこないの積み重ねが大事だってこと。

本当にことは自分にしかわからないから。自分で取りに行かないと。

そのことについて考えるきっかけになるような時間になるといいなと思います。

体について自問自答したり考えたりできるように。試行錯誤しながらも、でも諦めない。

それが調整だったり、自分を強くしていく一番の方法だと思うからです。

 

 

 

 

- - -
夏の夜 クレマチスの丘で

 

19日は三島にあるクレマチスの丘でひらかれた

トオヤマタケオさんと阿部海太郎さんのライブへ行きました。

 

夜の美術館に二台のグランドピアノ。

ひっそりと囲む美術品たち。

お庭のキャンドル、美しい半月。

物語のようでしたよ。

 

阿部海太郎さん

 

こちらはトオヤマタケオさんと徳澤青弦さんのユニット

 

 

- - -
夏の夜のパフェin福岡

 

お久しぶりです。

お元気でいらっしゃいますか。

なぜか今年はいろんなところに伺う機会が多く、お盆のはじめには友人の結婚式に出席するため福岡に行きました。

華やかな会は楽しいですね。おしゃれして。

 

写真は、友達に連れて行ってもらったミックコメルシイーという夜までやっているケーキ屋さんのもものパフェです。

かき氷も、他のデザートも素晴らしかった。妖精のような男性がお一人でなさっている小さなお店です。

真夜中のお菓子はなんだかときめき具合が違います。

非日常だからなんでしょうね。

 

 

 

 

- - -
『はじめてのロルフィング』のお知らせ

 

『はじめてのロルフィング』のお知らせ

今日はなんて涼しいのでしょう。こんばんは、イベントのお知らせです。

 

2月に続いて、8月もロルフィングの体験イベントを開催することになりました。

写真は、今回もkotoriさんが作ってくださったチラシです。


ロルフィング、なんとなく知っていたけれど機会のなかった方や、もちろん今まできてくださった方でも、なんとなく疲れていて身体を整えてほしいなあという方でも、どなたでも大歓迎です。身体やその使い方について、改めて振り返ったり、見直ししたりするきっかけになるといいなと思っています。前回の時になかった、ちょっとした嬉しいこともあるかもしれません。

 

通常のロルフィングの施術よりは短めになります。

じっくりやってもらいたい人にとっては、もしかすると通常の予約をしていただいた方がいいのかもしれません。

気軽に海を見ながら気持ち良い時間を過ごしたいなという方にはぴったりかなと思います。

8月は由比ヶ浜には海の家があります。タイ料理の屋台もあるし、昔ながらの海の家でかき氷や、焼きそばを食べたりも楽しいですよ。

 

今回もことりさんが受付兼番頭さんとして笑顔で迎えて下さいます。

例えばですが、ご家族で1枠を使ってくださっても構いません。お子さんとお母さんとか。自由にいろんな形で使っていただけたらと思います。

水平線の見えるお部屋で、のんびりマッサージベッドの上に寝てもらうだけでも、とても気持ちがいいですよ。

お申し込みは下をご覧ください。


Information


8.23thu-26sun

場所:ボーンフリーワークス 鎌倉市由比ヶ浜4丁目10-20 SOHO'S 2号室 ・

1. 9:00-10:00
2.11:00-12:00
3.13:00-14:00
4.15:00-16:00
5.17:00-18:00

 

完全予約制/6000円


※ご予約方法
ご希望の日時、お名前、お電話番号をお書きの上、shop@bornfreeworks.comにメールをお送りください。

- - -
涼をとる

まだまだフジロックの余韻に浸りつつ。(これがロス。。)

週末はフェスでユーミンが歌ったとか。時代ですねえ。

 

 

昨日食べたLONG TRAK FOODのかき氷。毎年鎌倉で行われているものですが、なかなか今まで食べる機会がなかったので嬉しい。

福田里佳さんが盛り付けてくださいました。このイベントだけは原価計算とか全くしていないとおっしゃっていたけれど、そうでしょうとも。

14種類のコーディアルがかかっているし、しかも混ざった方が美味しい。

アプリコット、アメリカンチェリー、マイヤーレモン、ジューンベリー、ブラックベリーとマルベリー、ダマスクローズ、ホームメイドの練乳、イチジクとバニラビーンズ、ラズベリーとブルーベリー、ホワイトワイルドストロベリー、ヘタつきいちご丸ごと、青い南高梅とラベンダー、完熟の南高梅、レモンの花びらのガルニチュール。とのこと。以上現場からでした。

 

さあ、今日も暑くなりそうです。昨日の夕方は神社の境内で涼みました。

 

最近聞いている音楽は

去年のフジで聞いてから、どんどん好きになるRhye

この曲に限らず、声が涼やかで、この夏よく聞いています。

 

 

8月の23日からのイベントについて、後ほどご連絡しますね。

 

日々 - -
フジロック2018(6)三日目

 

朝一、宿をゆっくり出て普段なかなか行かないエリアへ。コーヒーを飲みに。

フジロックでしか行ったことがないけれど、代々木のお店にも行ってみたいリトルナップコーヒー。

キャンプサイトの入り口にあります。

 

色々みたかったけれど、もう三日目ですし、前日結構体力を使ったので、今日は全体に温存のつもり。(結局そうはならなかったけど)

 

suchmosは、前回のホワイトステージでの初々しく清々しいステージからイメージ一転。

ネットでもなかなか騒がれていましたが、よくも悪くも噂になるって人気者なんだなと思います。

 

KACEY MUSGRAVESを聴きながら、森の中でお昼。

 

 

最初から見ればよかったと激しく後悔したアンダーソンパーク。

なんであんなにドラム叩きながらカッコよく歌えるの!

 

 

フジロック直後に都内でライブがあったそうで、最高だったと聞きました。

 

Awesome City clubをみてから、

 

JACK JOHNSONをのんびり。

美しい昼下がりに聞くのにこれより最高の音楽はありませんよね。

 

そして、ボブディラン。

他のステージが全部空いているなんて、今までの中であったでしょうか。

みんなが見ている中で、飄々と演奏が進みます。

いろんな年齢の人がいて、確実に初めて来ましたよねというおじさまもいらっしゃる。

お天気になってよかった。

 

三日目の夜は、ceroをみるか迷ったけれど、DIRTY PROJECTORSへ。

 

 

独特な音楽が妙にツボにはまり、大好きなんです。

 

vampire weekendをチラリと見てから、お友達が好きだと行っていた台風クラブをみて

私の2018年フジロックは終わりました。

長々と失礼しました。

 

まだまだロスが続いているので、そのうちに最近よく聴いている音楽のことを書きますね。

素敵な週末を。

 

 

 

 

 

 

フジロック2018 - -
フジロック2018(5)二日目夜

 

スクリレックスの時の空。小雨が降り出していたけれど、山の向こうの方は随分夕焼けが綺麗です。

スクリレックスが前回フジロックにやってきた2013年の時も土砂降りの雨でした。まだこんなにEDMが流行っていなっていなかった頃の話。雨の中、ひたすら踊ったのを覚えています。

 

最後にXのYOSHIKIも登場した今年のステージ。なかなか衝撃なステージでした。

 

そして、多分みんなが楽しみにしていたケンドリックラマー。

正直、見るまではそこまで絶対見たいと思っていた感じではなく、見ておけたらいいなくらいだったのですが。。

 

ステージに登場した瞬間のカッコよさたるや。
そんなに大きな人ではないはずなのに、シンプルなステージに一人立った彼はとても大きく見えました。
スターってこうなんだな。スターってすごいんだなあ。

圧倒的でした。すごい緊張感。

 

スクリレックスと同じく2013年にフジロックに出演していて、その時はホワイトステージのトリだったにもかかわらずステージは閑散としていたそうです。10年ぶりにフジロックに帰ってきたビョークが同じ時間グリーンステージで演奏していたからです。「バイオフィリア」のアルバムが出た時ですね。私も、ビョークを見ていたと思う。

 

その後の活躍たるや説明は不要かと思いますが、去年のグラミーは本当にすごかったし、「スターってなるものなんだね」とフジロックに行った人に会うとこの話になります。強烈なものを見ることができて、貴重なものをみたんだなと改めて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フジロック2018 - -
<< | 2/197 | >>